個人年金保険の必要性

多くの方が公的年金だけで老後の生活費を賄うのは難しいと考えています。60歳以降も仕事をしたり、貯金を切り崩している家庭が多いと思いますが、個人年金などで若いうちから準備をしておきたいですね。

個人年金保険とは

個人年金保険という言葉聞いたことがあっても、実際にどのような保険なのかわからない人も多いと思いますので、簡単に特徴などをまとめておきました。

個人年金とその他の保険

保険以外の資産運用はこちらです。

個人年金保険は、公的年金では足りない分をカバーし、老後の生活を豊かにするためのものです。定年を迎える60歳以降も仕事を続けるという方や、それまでに十分な貯金をしておくという場合には、特に加入する必要はないかもしれません。

ただ、今の20代、30代、40代の人たちが老後を迎える頃には、日本の公的年金制度である国民年金や厚生年金がどうなっているのかは誰にもわかりません。制度自体が崩壊しているようなことは無いと思いますが、受け取り開始年齢が引き上げられていたり、金額が少なくなっている可能性はあります。

そんな先の話を考えるのは難しいという方も多いと思いますが、地道にコツコツと貯金していくことが難しいという場合には、年金保険という半強制的な形で貯蓄していくというのもいい方法だと思います。ゆとりある老後を迎えるために、ぜひとも個人年金保険をご活用ください。